多言語主義社会に向けて

平高史也, 木村護郎クリストフ 編

国内外の多言語状況を肯定し、尊重する社会をめざして。「多言語」を考える教科書にも最適!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 多言語主義社会を考えるために
  • 第1部 日本における多言語教育の実態と展望(小学校における多言語活動の可能性
  • 高等学校における多言語の学びに向けて
  • 大学で多言語を学ぶ意義
  • 多言語教育における放送メディアの役割
  • 複言語・多言語教育推進の道-日本外国語教育推進機構JACTFLの設立)
  • 第2部 日本における/海外在住日本人の多言語管理の実態と展望(沖縄県の言語事情と「しまくとぅば」普及推進計画
  • 移民の言語使用と母語継承
  • 移民の母語教育の現状と課題
  • 在日コリアンの言語使用の実態とその背景
  • 観光における多言語事情
  • 海外在住日本人の言語生活-カタルーニャと上海の場合)
  • 第3部 ヨーロッパにおける多言語教育・使用の事例(危機に瀕するアルザス語-バイリンガル教育によってもたらされるもの
  • 多言語社会ルクセンブルク-移民社会の到来と言語能力維持のための課題
  • つながり方を探るドイツ・ポーランド国境地域-異言語間コミュニケーションの諸方略
  • チェコの多国籍企業の言語使用と言語管理-言語の機能の観点から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多言語主義社会に向けて
著作者等 平高 史也
木村 護郎
木村 護郎クリストフ
書名ヨミ タゲンゴ シュギ シャカイ ニ ムケテ
出版元 くろしお
刊行年月 2017.11
ページ数 10, 227p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87424-740-2
NCID BB24835652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22988683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想