ヨーロッパ文明の起源

池上英洋 著

ヨーロッパ文明は、メソポタミアとエジプトを親として生まれた。ではその最初期に何があり、どんな風に人類は文明を築いてきたか。聖書の記述をてがかりにわかりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-エジプト人はフンコロガシを見て何を思ったか
  • 第1章 ノアの洪水は本当にあったか-世界中にある「洪水伝説」
  • 第2章 なぜ巨大遺跡は古代にしかないのか-神と王と民の権力構造
  • 第3章 古代人の世界観-文明と神話の成り立ち
  • 第4章 古代文明の実像-古代人の暮らしをのぞく
  • おわりに-古代文明を殺したのは誰か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ文明の起源
著作者等 池上 英洋
書名ヨミ ヨーロッパ ブンメイ ノ キゲン : セイショ ガ ツタエル コダイ オリエント ノ セカイ
書名別名 聖書が伝える古代オリエントの世界
シリーズ名 ちくまプリマー新書 288
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.11
ページ数 236p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68992-4
NCID BB24827042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23013266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想