言語と思想の言説(ディスクール)

大橋崇行 著

江戸以前の「知」、海外から流入してくる「知」-。明治期、活字メディアによる情報革命の中で、多様な「知」はさまざまに錯綜し、新たな言説は生み出されていくこととなった。その過程の総体を、山田美妙から明らかにしていく書。ある時代の言葉は、どのように運用、共有され、新たな文化として再編成されていくのか。目の前にあるテクストだけを精読しても読み取ることのできない領域が、言葉には張り巡らされている。山田美妙は言葉とどう格闘し、そこでは何が起こっていたのか。日本の"近代"の実態を炙り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 明治期の多様な「知」と日本の"近代"
  • 第1章 美妙にとっての「詩」と「小説」-「知」と「情」との関わり(明治期の「詩」と「小説」-山田美妙の初期草稿
  • 美妙にとっての「小説」-「蝴蝶」
  • 『女学雑誌』の小説観-清水紫琴「こわれ指環」
  • 「知」としてのゾライズム-「いちご姫」
  • 江戸の「知」と西欧の「知」との融合-「武蔵野」)
  • 第2章 言文一致再考-「文体」「文法」と「思想」の表現(「翻訳文」という文体-初期草稿から
  • 美妙の"翻訳"-「骨は独逸肉は美妙/花の茨、茨の花」
  • 美妙の「文法」
  • 歴史と想像力-「笹りんだう」
  • 言文一致論と「思想」の表現)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語と思想の言説(ディスクール)
著作者等 大橋 崇行
書名ヨミ ゲンゴ ト シソウ ノ ディスクール : キンダイ ブンガク セイリツキ ニ オケル ヤマダ ビミョウ ト ソノ シュウヘン
書名別名 Discourse on languages and thoughts

言語と思想の言説

Discourse on languages and thoughts : 近代文学成立期における山田美妙とその周辺

Gengo to shiso no disukuru
出版元 笠間書院
刊行年月 2017.10
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70853-3
NCID BB24859843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22975767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想