記憶と忘却のドイツ宗教改革

踊共二 編著

宗教改革史の研究は、歴史的事実の「記憶」と「忘却」の選択をめぐって、「宗教」にたいする相異なる-そして時には相容れない-さまざまな立場からなされた言説間の緊張関係のなかで営まれてきた。本書は、ドイツ宗教改革五〇〇周年を記念し、これまで語り継がれてきたこと、抹消されてきたこと、そして記憶の回復の対象となるべきことを総点検し、多彩な視点から宗教改革史を語りなおす試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 記憶と忘却の五〇〇年
  • 第1部 語りなおす宗教改革(マルティン・ルターの宗教改革-実像と虚像
  • カトリック世界としての一六世紀ドイツ-信仰と行い
  • 三つのプロテスタント-ルター派・西南ドイツ派・スイス改革派
  • 宗教改革の磁場-都市と農村
  • 宗教改革はイタリアに伝わったか-ルターとアルプス以南の世界
  • カルヴァン以前のフランス宗教改革)
  • 第2部 変化するキリスト教世界(一六一七年のドイツ-宗教改革から一〇〇年
  • 対抗宗教改革-イエズス会劇が映すもの
  • 魔女迫害と「神罰」-プロテスタントとカトリック
  • 神聖ローマ帝国の多宗派化と三十年戦争-「神の帝国」と共存の政治学
  • フッガー家の人びと-二宗派併存年に生きて
  • 宗教改革急進派-記憶の回復と二一世紀の和解)
  • 附論 日本のドイツ宗教改革史研究-過去・現在・未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶と忘却のドイツ宗教改革
著作者等 加藤 喜之
大場 はるか
小林 繁子
岩倉 依子
栂 香央里
森田 安一
深沢 克己
渡邊 伸
猪刈 由紀
皆川 卓
踊 共二
高津 秀之
高津 美和
書名ヨミ キオク ト ボウキャク ノ ドイツ シュウキョウ カイカク : カタリナオス レキシ センゴヒャクジュウナナ ニセンジュウナナ
書名別名 語りなおす歴史1517-2017
シリーズ名 MINERVA西洋史ライブラリー 113
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2017.10
ページ数 330,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-08133-2
NCID BB24824146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22975366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想