秋田の路面電車

秋田県立博物館 編

明治の馬車鉄道から、本格的に路面電車の運行がはじまったのが大正11年。そして昭和26年、市民悲願の秋田駅前‐土崎間が全面開通した。しかし、わずか14年で消えた秋田市電の「あの日あの時」を、230葉の写真で再現。半世紀を経てよみがえる鉄路の響きとなつかしい記憶の数々!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秋田駅前
  • 秋田駅前〜産業会館前
  • 産業会館前〜県庁前
  • 県庁前〜八柳
  • 八柳〜自衛隊前
  • 自衛隊前〜土崎
  • 土崎
  • 新大工町車庫
  • ありし日の路面市電
  • さようなら路面市電

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秋田の路面電車
著作者等 秋田県立博物館
書名ヨミ アキタ ノ ロメン デンシャ : シャシンチョウ
書名別名 写真帖

Akita no romen densha
出版元 無明舎
刊行年月 2017.10
ページ数 113p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89544-637-2
NCID BB2485913X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22976051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想