「居住福祉資源」の思想

早川和男 著

住宅政策を蔑ろにし、土地と空間の利用を自己利益や市場競争に委ねてきた政府の欺瞞。誰もが身も心も安心して暮らすことのできる「住居」の確保が必要だ!著者の処女作『空間価値論』をさらに具体化させた労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 居住福祉資源の意義-生活空間の使用価値(生活空間は福祉の基礎
  • 生活空間使用価値の特殊性
  • 生活空間は「居住福祉資源」である)
  • 第2部 居住福祉資源の発見(寺社は地域の居住福祉資源
  • 暮らしの中の「居住福祉資源」
  • 子どもを見守る ほか)
  • 第3部 居住福祉資源の形成-居住政策と居住の権利意識(日本の住宅政策改革の基本的課題
  • 意見書)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「居住福祉資源」の思想
著作者等 早川 和男
書名ヨミ キョジュウ フクシ シゲン ノ シソウ : セイカツ クウカン ゲンロン ジョセツ
書名別名 生活空間原論序説
出版元 東信堂
刊行年月 2017.10
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7989-1453-4
NCID BB24808285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22975009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想