地図で見るバルカン半島ハンドブック

アマエル・カッタルッツァ, ピエール・サンテス 著 ; ロマン・アンバック 地図製作 ; 太田佐絵子 訳

1990年代からつねに激動のなかにある国家と民族のモザイク、バルカン半島の複雑さを理解するための100以上の地図とグラフ。アルバニア、ボスニア、ヘルツェゴヴィナ、ブルガリア、クロアチア、ギリシア、コソヴォ、モンテネグロ、マケドニア共和国、セルビア、ルーマニア、スロヴェニア国家のなりたちとその変遷。ロシアの影響力と欧州連合への統合とのあいだで、大きな地政学的課題をかかえる地域。音楽とスポーツと遺産-バルカン半島がヨーロッパや世界におよぼす影響力。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 帝国の境界から国民国家へ(「ヨーロッパのトルコ」時代のバルカン半島
  • 国民国家の形成 ほか)
  • 再構築される社会(人口分布の特徴
  • 人口の空間力学 ほか)
  • 共同体と政治的アイデンティティ(アイデンティティの政治化
  • 宗教と言語-集団的アイデンティティの媒体? ほか)
  • 「大国のかけひき」の場であるバルカン半島(バルカン半島に直面する世界
  • 国際的援助か保護国か ほか)
  • さまざまなバルカンらしさ(海外移住者たちのバルカン
  • 変化しつつある観光目的地 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地図で見るバルカン半島ハンドブック
著作者等 Cattaruzza, Amaël
Foucher, Michel
Imbach, Romain
Sintès, Pierre
太田 佐絵子
Cattaruzza Ama¨el
Sint`es Pierre
サンテス ピエール
カッタルッツァ アマエル
書名ヨミ チズ デ ミル バルカン ハントウ ハンドブック
書名別名 ATLAS GÉOPOLITIQUE DES BALKANAS
出版元 原書房
刊行年月 2017.11
ページ数 163p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-562-05427-5
NCID BB24810629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22971916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想