従軍記インテリ部隊

池田源治 著

[目次]

  • インテリ部隊
  • 目次
  • 南京集結
  • 事變は何時終る / 1
  • 武漢防衞の鐵壁陣 / 7
  • 古今に誇る我が大作戰 / 9
  • インテリ部隊の性格 / 12
  • 廬山東麓の待機
  • 南京出發 / 21
  • 酷暑に燒き殺される支那馬 / 27
  • 鄱陽湖畔の上陸 / 29
  • 廬山溪谷の水浴部隊 / 36
  • 德安攻略の序幕戰 / 42
  • 七十萬の敵軍を截る
  • 敵の意表に出でた大旋回 / 51
  • 箬溪中央突破 / 58
  • 敵の重圍を衝いて猛進 / 72
  • 死んだ支那兵に睨まれる / 79
  • ガスの悲喜劇 / 81
  • 丁家山に楠公の故智 / 87
  • 敵六千の大逆襲 / 90
  • 擊破する千山萬嶽の敵 / 95
  • 最後の一兵まで / 106
  • 箬溪平地を襲ふ皇軍の怒濤 / 111
  • 無氣味な一夜 / 114
  • 箬溪平地の立體戰 / 121
  • 骨碎け肉飛ぶ / 131
  • 屍山血河の麒麟峯 / 137
  • 箬溪の死命を制す / 149
  • 硝煙にうつる瞼の母 / 154
  • 部隊長の衞兵戰死 / 161
  • 箬溪遂に陷ち江南戰線を分斷す / 165
  • 蒋介石遂に武漢放棄
  • 箬溪攻略の影響 / 168
  • 第二次作戰目標「辛潭舖」 / 169
  • 修水流域の風光 / 170
  • 蕎麥の葉を食ふ / 174
  • 血染の軍衣 / 176
  • 蒋、武漢放棄を表明 / 181
  • 淚の戰友愛 / 184
  • 壯烈無比の白兵戰 / 194
  • 天上界の村 / 199
  • 愛馬の死を看とる / 207
  • 戰爭は神の意志 / 210
  • インテリ兵士を取りまく髑髏の群 / 212
  • 生きながらの火葬 / 215
  • 古代と近代が同居する戰爭 / 219
  • 肉彈戰 / 224
  • 武漢の敵總崩れ / 227
  • 粤漢線への大旋回
  • 武昌の陷落迫る / 230
  • 殪れて後やむ / 234
  • 四面總て敵 / 239
  • 氾濫する敗殘兵 / 250
  • 魂の觸角 / 258
  • 日本軍の意志と支那軍の意志 / 263
  • 粤漢線爆破 / 269
  • 咸寧縣城に入る / 271
  • 事變はどうなる / 276
  • インテリ部隊はなぜ强い / 283
  • 若い支那兵の死 / 288
  • 武漢三鎭 / 292
  • インテリ兵士の念願 / 294

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 従軍記インテリ部隊
著作者等 池田 源治
書名ヨミ ジュウグンキ インテリ ブタイ
出版元 中央公論社
刊行年月 昭15
ページ数 299p
大きさ 19cm
NCID BA45131548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46057788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想