ベルクソン『物質と記憶』を診断する

平井靖史, 藤田尚志, 安孫子信 編

時代にあまりに先駆けて世に出たがゆえに難解書とされてきた『物質と記憶』を現代諸科学の知見を通して新たに読解する。『ベルクソン『物質と記憶』を解剖する』の続編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 読解の諸問題(潜在性とその虚像-ベルクソン『物質と記憶』における潜在性概念
  • 『物質と記憶』と形而上学の直観的再興-純粋理性の第四誤膠推論と第一・第二アンチノミー
  • 記憶の場所の論理-『物質と記憶』における超図式論と憑在論
  • 過去はなぜそのまま保存されるのか-『物質と記憶』の記述の多層性について)
  • 第2部 心と時間(ベルクソンにおける在ること・夢見ること・見ること
  • "時間的に拡張された心"における完了相の働き-ベルクソンの汎質論と現象的イメージ)
  • 第3部 科学との接続(『物質と記憶』と深層学習
  • 空間的神経表象から時間的圧縮過程へ
  • 記憶力と脳-ベルクソンの誤り
  • ベルクソンの第一の記憶を理解する試み-フロイトの記憶論と知覚失認(精神盲)の自験例を導きの糸として)
  • 第4部 芸術・道徳への展開(現在の脆さ-ベルクソンと河原温
  • 生への注意-『物質と記憶』における道徳性の進化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルクソン『物質と記憶』を診断する
著作者等 Dainton, Barry
Kelly, Michael R.
Kreps, David
Petit, Jean-Luc
Podoroga, Ioulia
Riquier, Camille
三宅 岳史
兼本 浩祐
増田 靖彦
太田 宏之
安孫子 信
平井 靖史
村山 達也
檜垣 立哉
永野 拓也
清水 将吾
藤田 尚志
書名ヨミ ベルクソン ブッシツ ト キオク オ シンダン スル : ジカン ケイケン ノ テツガク イシキ ノ カガク ビガク リンリガク エノ テンカイ
書名別名 時間経験の哲学・意識の科学・美学・倫理学への展開

Berukuson busshitsu to kioku o shindan suru
シリーズ名 物質と記憶
出版元 書肆心水
刊行年月 2017.10
ページ数 381p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-906917-73-0
NCID BB24804036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22983077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
〈時間的に拡張された心〉における完了相の働き 平井 靖史
『物質と記憶』と形而上学の直観的再興 カミーユ・リキエ, 天野恵美理
『物質と記憶』と深層学習 デイヴィッド・クレプス, 齋藤俊太
ベルクソンにおける在ること・夢見ること・見ること バリー・デイントン, 木山裕登
ベルクソンの第一の記憶を理解する試み 兼本浩祐
潜在性とその虚像 村山達也
現在の脆さ ユリア・ポドロガ, 持地秀紀
生への注意 マイケル・R・ケリー, 山根秀介
空間的神経表象から時間的圧縮過程へ 太田宏之
記憶の場所の論理 藤田 尚志
記憶力と脳 ジャン=リュック・プチ, 原健一, 田村康貴
過去は何故そのまま保存されるのか 檜垣立哉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想