山の音

川端康成 [著]

夜中に響く「山の音」。死への予告かのように思い、尾形信吾は恐怖を抱くようになった。出戻りの娘と孫、復員兵の息子の堕落。複雑な家族の有様に葛藤する信吾は、息子の妻、菊子への淡い恋心を生きる支えとするようになるが-。四季の移ろいの繊細な描写、折々に信吾が見る、時に現実的な夢。次第に変化してゆく家族の人間模様。生への渇望とともに、万人に訪れる老いや死を、鮮やかに捉えた川端康成晩年の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山の音
著作者等 川端 康成
書名ヨミ ヤマ ノ オト
書名別名 Yama no oto
シリーズ名 角川文庫 か1-3
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2017.10
版表示 改版
ページ数 351p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-106154-1
NCID BB25511452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22964766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想