回遊型巡礼の道 四国遍路を世界遺産に

五十嵐 敬喜;岩槻 邦男;西村 幸夫;松浦 晃一郎【編著】

[目次]

  • 第1章 四国遍路の歴史と概要(四国遍路の歴史と特徴にせまる
  • 「四国八十八箇所霊場と遍路道」の構成資産)
  • 第2章 座談会-世界に類のない円環構造の巡礼路
  • 第3章 遍路をめぐる信仰と文化(路を彩る景観と信仰-遍路から学びとる安心
  • 四国遍路と心の総有
  • 聖なる島と人々の邂逅-四国の文化と求心力
  • 四国遍路の魅力を世界に伝えた西洋人-オリヴァー・スタットラーの功績を中心に)
  • 第4章 世界遺産登録に向けて(ロングトレイルとしての四国八十八箇所巡りの可能性
  • 文化の道、巡礼の道-スペイン・フランスの取り組み
  • 四国遍路の世界遺産登録を目指して
  • 四国遍路をめぐる議論-「顕著で普遍的な価値」と今後の論点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回遊型巡礼の道 四国遍路を世界遺産に
著作者等 五十嵐 敬喜
岩槻 邦男
松浦 晃一郎
西村 幸夫
書名ヨミ カイユウガタジュンレイノミチシコクヘンロヲセカイイサンニ
出版元 ブックエンド
刊行年月 2017.11.9
ページ数 174p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-907083-44-1
NCID BB24669564
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想