少年探偵団・超人ニコラ

江戸川乱歩 作

「少年探偵団」は、変幻自在の黒い怪物が出現、明智小五郎や小林少年たちが対決する代表作。「超人ニコラ」は、乱歩最後の作品、晩年まで少年物に執念を示した。戦時下、筆名を変えて執筆した連作小篇集「知恵の一太郎ものがたり」からも収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年探偵団・超人ニコラ
著作者等 吉田 司雄
小中 千昭
江戸川 乱歩
書名ヨミ ショウネン タンテイダン チョウジン ニコラ
書名別名 Shonen tanteidan chojin nikora
シリーズ名 岩波文庫 31-181-3
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.10
ページ数 454p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311813-9
NCID BB24668550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22970562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想