政治の本質

マックス・ヴェーバー, カール・シュミット 著 ; 清水幾太郎 訳

政治の本質とは何か。第一次大戦後からナチ台頭期にかけて、この問いに挑んだM.ヴェーバー「職業としての政治」とC.シュミット「政治的なるものの概念」。この二著を鋭敏な時代感覚によっていち早く日本に紹介した歴史的な訳業。巻末に清水幾太郎の関連論考を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政治の本質(ヴェーバー/シュミット)(職業としての政治(マクッス・ヴェーバー)
  • 政治的なるものの概念(カール・シュミット))
  • ヴェーバーとシュミット(清水幾太郎)(職業としての政治
  • 名著発掘 カール・シュミット著『政治的なるものの概念』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治の本質
著作者等 Schmitt, Carl
Weber, Max
清水 幾太郎
シュミット カール
ヴェーバー マックス
書名ヨミ セイジ ノ ホンシツ
書名別名 Der Begriff des Politischen

Politik als Beruf
シリーズ名 中公文庫 ウ9-1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2017.10
ページ数 275p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206470-6
NCID BB24833216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22967586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想