漱石とその周辺

清水一嘉 著

発見と出会いの日々、同宿の女子学生と卓球に興じる文豪…滞英中の漱石と、周辺の人と時代を鮮やかに描写。書物に取り憑かれた英文学者が、日本近代文学の黎明期、ロンドンに渡った若き漱石と芸術家たちの足跡、交遊を辿る。さらに出版史の泰斗として知られる著者ならではの古書店巡り、貴重な文献の発見と明らかになる新たな事実。本、文学、絵画愛好家には垂涎のエッセイ!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漱石あれこれ(グルーズの絵と漱石
  • 漱石とスティーヴンソン ほか)
  • 第2章 漱石と同時代の人々(漱石と牧野義雄
  • ロンドンの日本人画家-原撫松のことなど ほか)
  • 第3章 イギリスあれこれ(酒飲みの国イギリス
  • ヴィヴィアン・グリーン ほか)
  • 第4章 オックスフォードその他(ボドリアン・ライブラリーの昨今
  • ジョン・ジョンソン・コレクションのこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石とその周辺
著作者等 清水 一嘉
書名ヨミ ソウセキ ト ソノ シュウヘン : ヒャクネンマエ ノ ロンドン
書名別名 100年前のロンドン
出版元 松柏社
刊行年月 2017.10
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7754-0244-3
NCID BB24825397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22969843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想