パトスの受難

高橋薫 著

[目次]

  • 第1部 フランス・宗教戦争前後の考証と註釈の変遷(ルイ・ル・カロンと『フランス法パンデクト』「第一巻」
  • 註釈者ブレーズ・ド・ヴィジュネール
  • 第三の人、ニコラ・リシュレー
  • 『テュアナのアポロニオス伝』とその註解者トマ・アルチュス)
  • 第2部 模写と自立(ロンサール『ラ・フランシヤード』の影:クロード・ガルニエ
  • ロンサール『ラ・フランシヤード』の影:ジュフランとデガリエ
  • デュ・バルタス『聖週間』の影:(擬?)ドービニェ
  • デュ・バルタス『聖週間』の影:クリストフ(ル)・ガモン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パトスの受難
著作者等 高橋 薫
書名ヨミ パトス ノ ジュナン : コウショウ ノ ジダイ ニ オケル ツイズイ ノ ブンカ ト ジコ ハツロ ノ ハジマリ フランス キンセイ ショキ
書名別名 考証の時代における追随の文化と自己発露の始まり,フランス近世初期

Patosu no junan
シリーズ名 中央大学学術図書 94
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2017.10
ページ数 550p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8057-5178-7
NCID BB24745800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22965679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想