考える人びと

入澤美時 著

[目次]

  • 網野善彦(日本史)-日本という国号は変えられる
  • 安藤邦広(建築)-いまこそ、木に住まう
  • 伊沢紘生(サル学)-ボスザルのいないニホンザル社会
  • 大西広(美術史)-絵の居場所から生成すること
  • 加藤典洋(文芸批評)-私利私欲から世界という関係へ
  • 根深誠(自然)-白神山地の山懐で、「自然」とは何かを語る
  • 森繁哉(舞踊)-村のダンスから世界史へ
  • 森山大道(写真)-新宿をめぐりながら、時代の風景を読む
  • 芳村俊一(陶芸)-人はなぜ、地球を焼きたくなるのか
  • 吉本隆明(思想)-現在に見る理想社会への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考える人びと
著作者等 伊沢 紘生
佐々木 光
入澤 美時
加藤 典洋
吉本 隆明
大西 広
安藤 邦広
根深 誠
森 繁哉
森山 大道
網野 善彦
芳村 俊一
入沢 美時
書名ヨミ カンガエル ヒトビト : コノ ジュウニン ノ ハゲシサ ガ シソウ ダ
書名別名 この一〇人の激しさが、思想だ。

Kangaeru hitobito
出版元 双葉社
刊行年月 2001.9
ページ数 413p
大きさ 22cm
ISBN 4575292923
NCID BA53593549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20202121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想