比島作戦と河島兵団

東口環 著

[目次]

  • 目次
  • 序 / 3
  • 一、 出征第一歩 / 11
  • 二、 輸送船日蘭丸撃沈 / 13
  • 三、 妻にあてた要旨 / 22
  • 四、 マニラ港上陸 / 24
  • 五、 マニラ駐屯中の感想 / 25
  • 六、 第一次転進命令 / 28
  • 七、 サンタクルース市の状況 / 33
  • 八、 河島兵団長の第一号命令 / 35
  • 九、 吉沢中隊の大宴会 / 39
  • 一〇、 私に対する第二回目の兵団命令 / 39
  • 一一、 戦車教育受講を命ぜられる / 41
  • 一二、 フイリピンの農業について / 42
  • 一三、 ルセナ市に転進命令を受ける / 44
  • 一四、 独立守備隊長を命ぜらる / 46
  • 一五、 原始的な土民の砂糖製造方法 / 51
  • 一六、 パグビラオ町のゲリラ掃とう命令 / 52
  • 一七、 意外な帰隊命令 / 53
  • 一八、 満罰 / 57
  • 一九、 転進命令を受ける / 57
  • 二〇、 ガナップ隊について / 59
  • 二一、 情報主任を命ぜらる / 61
  • 二二、 第二次転進命令 / 62
  • 二三、 第三次転進命令 / 68
  • 二四、 第四次転進命令 / 69
  • 二五、 戦地で始めて迎えた大晦日 / 73
  • 二六、 最後の転進命令 / 74
  • 二七、 笠間部隊の副官代理 / 79
  • 二八、 斬込隊第一号命令 / 81
  • 二九、 河島兵団長第二命令 / 82
  • 三〇、 原住民の食料作りについて / 84
  • 三一、 連絡将校の任務について / 85
  • 三二、 河島兵団の人容について / 86
  • 三三、 斬込作戦について / 91
  • 三四、 第一次兵団の出撃作戦命令 / 93
  • 三五、 東口少尉に対する兵団長の特別命令 / 96
  • 三六、 参謀部附の私の任務について / 100
  • 三七、 戦況我に利あらず / 101
  • 三八、 戦線視察の命令を受ける / 102
  • 三九、 現地自活隊について / 104
  • 四〇、 兵団本陣地の監視将校を命ぜらる / 105
  • 四一、 天長節 / 107
  • 四二、 河島兵団長の重要命令を受ける / 110
  • 四三、 振武集団司令部に到着 / 114
  • 四四、 軍司令官の命令を受ける / 117
  • 四五、 再度軍司令部に出向 / 122
  • 四六、 軍司令部の総員引揚決意 / 124
  • 四七、 兵団司令部に安着 / 128
  • 四八、 兵団司令部第四回目の転進移動 / 132
  • 四九、 私に単独命令下る / 134
  • 五〇、 兵団の転進命令を受ける / 138
  • 五一、 受命中の出来事 / 143
  • 五二、 笠間部隊長に面会 / 144
  • 五三、 兵団司令部に帰団 / 147
  • 五四、 兵団長の最後の転進命令 / 149
  • 五五、 兵団長の最後の転進命令 / 153
  • 五六、 戦争終結を知る / 154
  • 五七、 投降の命令 / 157
  • 五八、 遂に入獄収監される / 160
  • 五九、 第二次捕虜生活 / 164
  • 六〇、 収容所の仕事 / 165
  • 六一、 リンチ事件 / 166
  • 六二、 キャンプ内の商売 / 167
  • 六三、 捕虜収容所の要員試験にパス / 169
  • 六四、 輸送指揮官として復員命令を受ける / 172
  • 六五、 河島兵団長と偶然の面会 / 174
  • 六六、 愈々乗船 / 175
  • 六七、 博多港上陸 / 177
  • 六八、 復員後の私のとった行動 / 178
  • 六九、 河島兵団長の戦犯について / 179
  • 七〇、 比島作戦を回顧して / 180
  • 著者の略歴 / 182
  • 後記 / 184

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 比島作戦と河島兵団
著作者等 東口 環
書名ヨミ ヒトウ サクセン ト カワシマ ヘイダン
書名別名 Hito sakusen to kawashima heidan
出版元 東口環
刊行年月 1968
ページ数 185p
大きさ 19cm
NCID BA34080296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想