もの言えぬ時代

朝日新聞東京社会部 編

日本の未来はどうなるのか?現代の知性が「この国のかたち」を問い直す!監視社会の到来を危惧する声が高まるなかで「共謀罪」法が施行された。北朝鮮危機を眼前に政府の説明責任は放棄され、繰り返される権力濫用、社会に蔓延する忖度と萎縮に歯止めがかからない。私たちは「いつかきた道」をたどっているのか?最近のわが国の「右傾化」の流れを見据えながら、精鋭論客24人が「日本の未来」を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の未来と私たちの選択(国家主権の回復は日本人の歴史的使命である
  • 国家と国民の関係が変わる時
  • 異論を排除する空気に私は言葉で抗う
  • 日本はポイント・オブ・ノーリターンを超えた ほか)
  • 第2部 「共謀罪」は歴史を歴史をどう変えるか(伝えない不誠実さ、伝わらないジレンマ
  • 反権力作品、いまは罪に問われぬが
  • 自由奪われた羊にさせられるのは嫌
  • 監視されるかも、気にする社会恐ろしい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もの言えぬ時代
著作者等 内田 樹
加藤 陽子
半藤 一利
朝日新聞東京本社社会部
朝日新聞社
高村 薫
三浦 瑠麗
朝日新聞東京社会部
〓村 薫
書名ヨミ モノ イエヌ ジダイ : センソウ アメリカ キョウボウザイ
書名別名 戦争・アメリカ・共謀罪

Mono ienu jidai
シリーズ名 朝日新書 636
出版元 朝日新聞
刊行年月 2017.10
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273736-6
NCID BB24651514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22964247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想