雀と五位鷺推当帖

平谷美樹 著

家康が幕府を開いて三年目の慶長十一年。江戸はかつてない賑わいにあった。傾城屋(遊郭)の五位鷺太夫は江戸で三本の指に入る美人の売れっ妓である。その妹女郎の雀はまだ客をとらず、もっぱら五位鷺の身の回りの世話をしている。ある日、呉服屋の主が辻斬りに殺められた。五位鷺は雀に事件を調べるよう命じる。五位鷺は、年寄や奉行が事件について話し合う寄合や奉行が事件について話し合う寄合衆にお茶汲みとして参加し、そこで自分の推当(推理)を披露することで、実力者に気に入られようと企てていたのだ。遊女が市井の事件を探索、推理する痛快な物語!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雀と五位鷺推当帖
著作者等 平谷 美樹
書名ヨミ スズメ ト ゴイサギ オシアテチョウ
書名別名 Suzume to goisagi oshiatecho
シリーズ名 時代小説文庫 ひ7-20
ハルキ文庫 ひ7-20
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 2017.10
ページ数 289p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7584-4124-7
全国書誌番号
22957880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想