六朝言語思想史研究

和久希 著

[目次]

  • 大道の中-徐幹『中論』の思想史的位置
  • 経国の大業-曹丕文章経国論考
  • 建安文質論考-阮〓(う)・応〓(とう)の「文質論」とその周辺
  • 王弼形而上学再考
  • 言尽意・言不尽意論考
  • 言外の恍惚の前に-阮籍の三玄論
  • 言語と沈黙を超えて-王坦之「廃荘論」考
  • 形而上への突破-孫綽小考
  • 逍遥の彼方へ-支遁形而上学考
  • 辞人の位置-沈約『宋書』謝霊運伝論考
  • 経典の枝條-『文心雕龍』の立文思想
  • 隠-『文心雕龍』の言語思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 六朝言語思想史研究
著作者等 和久 希
書名ヨミ リクチョウ ゲンゴ シソウシ ケンキュウ
書名別名 Rikucho gengo shisoshi kenkyu
出版元 汲古書院
刊行年月 2017.9
ページ数 387,1p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7629-6598-2
NCID BB24584279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22965578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想