反物質はいかに発見されたか : ディラックの業績と生涯

Abraham Pais, Maurice Jacob, David I.Olive 著 ; 藤井昭彦 訳

最も美しい、数学的に調和のとれた性質、対称性(シンメトリー)。ディラックはそれを追い求め、ついに物質にもマイナスがあること、反物質の存在に気づく。では、なぜ私たちの身のまわりは、物質に支配されているのだろう。大天才ディラックのアイデアがつまった本書は、いちから現代物理学を理解し、深めるための最高の資料である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポール・ディラック、その生涯と業績
  • 反物質(ディラックの遺産、反粒子
  • 反粒子と現在の物理学
  • 宇宙規模での反物質
  • 反物質の実用化)
  • 単極子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反物質はいかに発見されたか : ディラックの業績と生涯
著作者等 Jacob, Maurice
Olive, David
Olive, David I
Pais, Abraham
パリティ編集委員会
藤井 昭彦
Olive David I.
オリーヴ デイヴィッド
ジェイコブ モーリス
パイス エイブラハム
書名ヨミ ハンブッシツ ワ イカニ ハッケンサレタカ : ディラック ノ ギョウセキ ト ショウガイ
書名別名 Paul Dirac. (部分訳)

Hanbusshitsu wa ikani hakkensaretaka
シリーズ名 パリティブックス / パリティ編集委員会 編
出版元 丸善
刊行年月 2001.9
ページ数 126p
大きさ 19cm
ISBN 4621049097
NCID BA53465753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20198203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想