日本の15歳はなぜ学力が高いのか?

ルーシー・クレハン 著 ; 橋川史 訳

3年に1度、15歳を対象に実施される国際学力テスト、PISA。「教育のワールドカップ」とも呼ばれ、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野における知識と応用力が試されるこのテストの結果は各国で報じられ、教育政策を変えるほどの影響力を持つ。では、PISAで高得点をあげる国々では、どんな教育が行なわれているのか?それを知るため、ひとりのイギリス人教師が旅に出た-向かった先は、フィンランド、日本、シンガポール、中国(上海)、カナダ。歴史や文化が色濃く反映された各国の教育事情は、驚きと発見に満ちていた。その中に探り当てた、優れた学びを実現するための「5つの原則」とは?班活動、かけ算九九、文化祭…日本式教育には、世界でも類を見ない「強み」があった!"エコノミスト"誌年間ベストブック選出。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出発!最高の教育システムを探す旅へ
  • 落ちこぼれを出さないために
  • 平等という選択
  • 教師のモチベーション
  • 教室は生活の場
  • 誰にも同じだけ能力がある
  • 暗記、「ゆとり教育」、アクティブ・ラーニング
  • 超エリート教育はこうして生まれた
  • 強烈なプレッシャー
  • 学び続ける教師〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の15歳はなぜ学力が高いのか?
著作者等 Crehan, Lucy
橋川 史
苅谷 剛彦
クレハン ルーシー
書名ヨミ ニホン ノ ジュウゴサイ ワ ナゼ ガクリョク ガ タカイ ノカ : イツツ ノ キョウイク タイコク ニ マナブ セイコウ ノ ヒミツ
書名別名 CLEVERLANDS

5つの教育大国に学ぶ成功の秘密
出版元 早川書房
刊行年月 2017.10
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-15-209715-6
NCID BB24605947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22960842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想