ヒトは「いじめ」をやめられない

中野信子 著

「子どものいじめ撲滅」に向けて、大人たちが尽力している一方で、大人社会でもいじめによる事件が後を絶たない。これは、「いじめは本来人間に備わった"機能"による行為ゆえ、なくすことは難しい」という一面があることから考えるとうなずける。ならば、いじめに対するアプローチ法を変えて、その回避策を考えていくことが、良好な人間関係を維持するための最善策だ。本書では、子ども、大人の「いじめ」に関して、どのように防止・対応していけばよいのか、脳科学の観点から論を進める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いじめの快感-機能的・歴史的観点から考える(いじめのメカニズム)
  • 第2章 いじめに関わる脳内物質(オキシトシン
  • セロトニン
  • ドーパミン)
  • 第3章 いじめの傾向を脳科学で分析する(いじめられやすい人の特徴
  • いじめがより深刻化するとき
  • 男女のいじめの違い
  • 学校現場のいじめの現状)
  • 第4章 いじめの回避策(大人のいじめの回避策
  • 子どものいじめの回避策
  • 教育現場における環境的回避策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトは「いじめ」をやめられない
著作者等 中野 信子
書名ヨミ ヒト ワ イジメ オ ヤメラレナイ
書名別名 Hito wa ijime o yamerarenai
シリーズ名 小学館新書 308
出版元 小学館
刊行年月 2017.10
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825308-1
NCID BB24603522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22976381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想