経済学の基礎 価格理論

竹野太三 著

東京大学で開かれている講義をテキスト化。経済学の基本的な考え方である価格理論について解説する。数学と英語に重点を置き、経済学を継続的に学んでいくことに耐えうる強固な基礎を築くことを目的とする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 消費者の理論(消費者の行動をどのように捉えるか
  • 効用最大化問題 ほか)
  • 第2部 生産者の理論(生産者の行動をどのように捉えるか
  • 生産技術 ほか)
  • 第3部 均衡の理論(均衡をどのように捉えるか
  • 配分 ほか)
  • 第4部 市場の失敗(市場の失敗
  • 外部性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の基礎 価格理論
著作者等 竹野 太三
書名ヨミ ケイザイガク ノ キソ カカク リロン
書名別名 Elements of Price Theory

Keizaigaku no kiso kakaku riron
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2017.9
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-042146-1
NCID BB24554879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22956842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想