日本国憲法の制定過程

大友一郎 [著] ; 庄司克宏 編

[目次]

  • 序論-日本国憲法制定過程の性格
  • ポツダム宣言と日本国憲法
  • ポツダム宣言発出の背景(一)-連合国の戦後処理政策
  • ポツダム宣言発出の背景(二)-第一次世界大戦における戦後処理政策
  • ポツダム宣言発出の背景(三)-第二次世界大戦における戦後処理政策
  • ポツダム宣言発出の背景(四)-無条件降伏方式
  • ポツダム宣言発出の背景(五)-日本に対する無条件降伏方式の緩和
  • ポツダム宣言発出の背景(六)-天皇制をめぐる問題
  • ポツダム宣言に対する日本の対応
  • ポツダム宣言の受諾によって生じた状態と法的意義〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国憲法の制定過程
著作者等 大友 一郎
大沢 秀介
庄司 克宏
書名ヨミ ニホンコク ケンポウ ノ セイテイ カテイ : オオトモ イチロウ コウギロク
書名別名 大友一郎講義録
出版元 千倉書房
刊行年月 2017.9
ページ数 314p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8051-1120-8
NCID BB24481979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22954999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想