うたげと孤心

大岡信 著

詞華集の編纂、歌合、連歌といった古典詩歌の創造の場としての「うたげ」、これに対峙する創作者たちの「孤心」。『万葉』『古今』、そして『梁塵秘抄』等々、日本詩歌史上の名作の具体的な検討を通して、わが国の文芸の独自性を問い、日本的美意識の構造をみごとに捉えた名著。豊饒なる詩のこころへの誘い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歌と物語と批評
  • 贈答と機智と奇想
  • 公子と浮かれ女
  • 帝王と遊君
  • 今様狂いと古典主義
  • 狂言綺語と信仰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うたげと孤心
著作者等 三浦 雅士
大岡 信
書名ヨミ ウタゲ ト コシン
書名別名 Utage to koshin
シリーズ名 岩波文庫 31-202-2
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.9
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-312022-4
NCID BB24448962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22971423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想