債権各論  2

前田 陽一【著】

債権法改正に対応し、7年ぶり、待望の改訂版!新旧両法に対応するとともに、理論と実務、双方の動向に目配りをした多角的な説明を加え、不法行為法の現在の到達点を示す最新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序(不法行為制度の意義
  • 不法行為制度の構造)
  • 2 一般不法行為の要件(故意・過失
  • 権利侵害 ほか)
  • 3 不法行為の効果(損害賠償の方法
  • 賠償範囲と金銭的評価 ほか)
  • 4 特殊不法行為(共同不法行為と競合的不法行為
  • 他人を監督する者の責任 ほか)
  • 5 特別法による責任(失火責任法
  • 自動車損害賠償保障法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 債権各論
著作者等 前田 陽一
書名ヨミ サイケン カクロン
書名別名 不法行為法

Saiken kakuron
シリーズ名 弘文堂NOMIKA 4-2
巻冊次 2
出版元 弘文堂
刊行年月 2017.9
版表示 第3版
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-30320-3
NCID BB24477144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22950443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
不法行為法 前田陽一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想