女系図でみる驚きの日本史

大塚ひかり 著

胤(たね)よりも腹(はら)が大事-母親が誰かに注目した「女系図」でたどると、日本史の見え方が一変する。滅亡したはずの平家は、実は今上天皇にまで平清盛の血筋を繋げる一方、源頼朝の直系子孫はほどなくして途絶えているのだ。「史上初にして唯一の女性皇太子はなぜ誕生したのか」「徳川将軍家にはなぜ女系図が作れないのか」等々、著者作成の豊富な系図をもとに、次々と歴史の謎を解き明かしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 平家は本当に滅亡したのか
  • 第2講 天皇にはなぜ姓がないのか
  • 第3講 なぜ京都が都になったのか
  • 第4講 紫式部の名前はなぜ分からないのか
  • 第5講 光源氏はなぜ天皇になれなかったのか
  • 第6講 平安貴族はなぜ「兄弟」「姉妹」だらけなのか
  • 第7講 「高貴な処女」伊勢斎宮の密通は、なぜ事件化したのか
  • 第8講 貴族はなぜ近親姦だらけなのか
  • 第9講 頼朝はなぜ、義経を殺さねばならなかったのか
  • 第10講 徳川将軍家はなぜ女系図が作れないのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女系図でみる驚きの日本史
著作者等 大塚 ひかり
書名ヨミ オンナケイズ デ ミル オドロキ ノ ニホンシ
書名別名 Onnakeizu de miru odoroki no nihonshi
シリーズ名 新潮新書 735
出版元 新潮社
刊行年月 2017.9
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610735-1
NCID BB24428998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22951852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想