『快楽の園』を読む

神原正明 [著]

五〇〇人を超す裸体像、植物のような建築、シュールすぎる生き物たち…圧倒的奇天烈さで今なお人人の心をとらえ続ける『快楽の園』。ルネサンスの奇想の画家が描いた「美術史上最大の謎」は異端思想か、高尚な遊びか。一枚の絵に深く分け入り、溢れる象徴と寓意を、歴史、聖書、占星術、数秘術、錬金術、言語など、さまざまな角度から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『快楽の園』の全体像
  • 第1章 外翼パネル(天地創造
  • 大洪水後の世界)
  • 第2章 左翼パネル(主なる神とアダムとイヴ
  • 生命の木と知恵の木 ほか)
  • 第3章 中央パネル(前景
  • 中景 ほか)
  • 第4章 右翼パネル(地獄の特徴
  • 木男 ほか)
  • 結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『快楽の園』を読む
著作者等 神原 正明
書名ヨミ カイラク ノ ソノ オ ヨム : ヒエロニムス ボス ノ ズゾウガク
書名別名 ヒエロニムス・ボスの図像学

Kairaku no sono o yomu
シリーズ名 快楽の園 2447
講談社学術文庫 2447
出版元 講談社
刊行年月 2017.9
ページ数 349p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292447-4
NCID BB24401823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22950035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想