謹訳源氏物語  1

[紫式部] [著] ; 林望 著

帝の子として生まれた光源氏。美貌と才能を兼ね備えるが、その心には深い闇-父の後妻である藤壺の宮への許されぬ恋慕-を抱えていた。日本文学史上屈指の名作「源氏物語」。古典文学者として知識と作家としての筆力で描き切った、現代語訳の決定版がついに文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桐壺
  • 帚木
  • 空蝉
  • 夕顔
  • 若紫

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謹訳源氏物語
著作者等 林 望
紫式部
書名ヨミ キンヤク ゲンジ モノガタリ
シリーズ名 祥伝社文庫 は18-1
巻冊次 1
出版元 祥伝社
刊行年月 2017.9
版表示 改訂新修
ページ数 410p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-396-31716-4
NCID BB2477201X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22953987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想