デンマーク共同社会(サムフンズ)の歴史と思想

小池直人 著

「世界一仕合せな国」はいかに形成されたのか?グローバリズムと新自由主義下にあって、フレキシキュリティなどの制度革新を行いながら、共同に基づく「良好な社会」を探求しつづけるデンマーク。それを可能にした思想的背景と歴史過程を考察する本格的研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「サムフンズ(共同社会)」をめぐる暫定テーゼ
  • 第1部 新福祉国家と「サムフンズ」の進化(新福祉国家とフレキシキュリティ
  • 岐路に立つフレキシキュリティ-デンマーク的性格とその変容
  • ボランタリー社会活動の現状と公私関係史
  • サムフンズと公共組織の再編
  • ソーシャル・キャピタルからサムフンズ・カビテルへ)
  • 第2部 「サムフンズ」の思想史(福祉モデルとその思想
  • グルントヴィと知識社会
  • グルントヴィのホイスコーレ構想が拓いたもの
  • ユートピアから法制へ-マーテンセンの倫理的社会主義
  • 「生活形式」の思想史
  • コックの「生活形式」の民主主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デンマーク共同社会(サムフンズ)の歴史と思想
著作者等 小池 直人
書名ヨミ デンマーク サムフンズ ノ レキシ ト シソウ : アラタ ナ フクシ コッカ ノ セイセイ
書名別名 デンマーク共同社会の歴史と思想

新たな福祉国家の生成
出版元 大月書店
刊行年月 2017.9
ページ数 371,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-272-36090-1
NCID BB24373524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22957303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想