ショスタコーヴィチの証言

ショスタコーヴィチ [述] ; ソロモン・ヴォルコフ 編 ; 水野忠夫 訳

レーニン賞など数々の栄誉に輝く世界的作曲家が、死後国外での発表を条件に、スターリン政治に翻弄された芸術家たちのしたたかな抵抗と過酷な状況を語る。晩年に音楽学者ヴォルコフが聞き書きして編んだ、真摯な回想録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 真実の音楽を求めて
  • 2 わが人生と芸術の学校
  • 3 ロシア革命の光と影
  • 4 非難と呪詛と恐怖のなかで
  • 5 わたしの交響曲は墓碑である
  • 6 張りめぐらされた蜘蛛の巣
  • 7 ロシア音楽の伝統を受け継いで
  • 8 過去と未来の狭間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ショスタコーヴィチの証言
著作者等 Shostakovich, Dmitriĭ Dmitrievich
Volkov, Solomon
水野 忠夫
ヴォルコフ ソロモン
書名ヨミ ショスタコーヴィチ ノ ショウゲン
書名別名 Testimony
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.6
版表示 改版
ページ数 594p
大きさ 16cm
ISBN 4122038529
NCID BA53232165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想