唯識の構造

竹村牧男 著

ユングが指摘した、個人的無意識のさらに下層にある集合的無意識の世界も、唯識にいう共業(ある人々に共同の業)の考え方あるいは共相種子(共業によって熏習された、共通性を特徴とする種子)の考え方等を援用すれば、共通の理解を持つことも可能であろう。しかも精神分析や深層心理学が、過去の体験からくる心理的抑圧からの解放を目ざすとするなら、それは苦からの解脱を目ざす仏道とほとんど並行するものといってよいであろう。仏教唯識と現代思想の接点を探る意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ニヒリズムと唯識
  • 第1章 唯識ということ
  • 第2章 言語と存在
  • 第3章 存在の科学
  • 第4章 実存と唯識
  • 第5章 修道の理路
  • 第6章 一真法界の哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唯識の構造
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ユイシキ ノ コウゾウ
書名別名 Yuishiki no kozo
出版元 春秋社
刊行年月 2001.8
版表示 新装.
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 4393132467
NCID BA5428772X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20201756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想