教えてみた「米国トップ校」

佐藤仁 [著]

研究でも教育でも羨望の眼差しで語られることが多い米国トップ校。だが、その一つであるプリンストンで教えるようになった東大教授は、日本に蔓延する幻想に疑問を投げかける。語られなかった「白熱教室」の内実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総合人物評価の落とし穴-「就活化」する入試の現実(市川海老蔵はハーバードに入れるか
  • 東大を彩る変人たち ほか)
  • 第2章 「白熱教室」の裏側-問われる教育環境(教室は白熱しているか
  • 教室は多様か ほか)
  • 第3章 「会社化」する米国大学-研究者の居心地を決めるもの(日本の大学は大リーグの二軍化するのか
  • 給料は日本の国立大学の約2倍以上 ほか)
  • 第4章 やがて哀しきグローバル化-非英語圏、日本にこそある多様性(明治期の東大はグローバルの最先端
  • 東大を去る学生たち ほか)
  • 第5章 米国トップ校から何を学ぶか-強みを活かす改革 五つの指針(大学の内と外
  • 一体的な改革のために ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教えてみた「米国トップ校」
著作者等 佐藤 仁
書名ヨミ オシエテ ミタ ベイコク トップコウ
書名別名 Oshiete mita beikoku toppuko
シリーズ名 角川新書 K-159
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2017.9
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-082164-1
NCID BB24392358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22955512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想