フランスを問う

宮島喬 著

移民から市民へ。差異にもとづく連帯へ…ポピュリズム、レイシズム政治の言説に惑わされないために。パリ同時テロ事件から2017年5月のマクロン大統領誕生へ。フランス社会は、移民をどう受け入れ社会に統合していくのか。国民戦線などのナショナルポピュリズムにどう抗していくのか。経済危機、失業、政治変動のなかで、フランスの統合問題が問われている。国民、市民、移民の問題を、19世紀にまでさかのぼり、さらに現在のヨーロッパの問題までを考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(「イスラーム問題」の構築と移民社会-二〇一五年パリ危機からその後へ
  • 同時的に起こっているヨーロッパの危機と変動
  • ナショナルポピュリズムとそれへの対抗力-フランス大統領選の社会学から)
  • 2(オリジンを問わないということ-フランス的平等のディレンマ
  • フランスの移民政策の転換-"選別的"政策へ?
  • 若者、移民第二世代の雇用と福祉)
  • 3(フランス人とは何か-パトリック・ヴェイユを読む
  • デラシネとしての移民?-バレース、デュルケム再考、ノワリエルを通して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランスを問う
著作者等 宮島 喬
書名ヨミ フランス オ トウ : コクミン シミン イミン
書名別名 国民、市民、移民
出版元 人文書院
刊行年月 2017.8
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-23058-9
NCID BB24294982
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22991557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想