憲法学からみた最高裁判所裁判官

渡辺康行, 木下智史, 尾形健 編

最高裁70年の歴史を、その担い手から描き出す。最高裁判例をより深く読み解くために、それを生み出した裁判官個人に焦点をあてて研究。最高裁発足から70年、これまでの最高裁を振り返り、これからの違憲審査制度のあり方を考える。「法律時報」連載の単行本化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特別寄稿 「憲法学からみた最高裁判所裁判官」の意義と今後の展望
  • 第1部 第1期-1947年8月〜1969年1月(法のエートスの探求者
  • 最若年の最高裁オリジナル・メンバー ほか)
  • 第2部 第2期-1969年1月〜1973年5月(激流に立つ巌
  • 戦後憲法価値の実現)
  • 第3部 第3期-1973年5月〜1990年2月(「寸鉄人を刺す」仕事人
  • 憲法解釈の専門家としての矜持 ほか)
  • 第4部 第4期-1990年2月〜(実務と理論の架橋をめざして
  • 法曹一元的理念の体現 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法学からみた最高裁判所裁判官
著作者等 上田 健介
千葉 勝美
嘉多山 宗
尾形 健
山本 一
川岸 令和
巻 美矢紀
早瀬 勝明
木下 智史
渡辺 康行
片桐 直人
田代 亜紀
笹田 栄司
見平 典
赤坂 幸一
齊藤 愛
書名ヨミ ケンポウガク カラ ミタ サイコウ サイバンショ サイバンカン : ナナジュウネン ノ キセキ
書名別名 70年の軌跡
出版元 日本評論社
刊行年月 2017.8
ページ数 386p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-52263-3
NCID BB24271987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22946229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"空前"の「司法官僚」出身最高裁裁判官-泉徳治 山元一
「リベラルなタカ」-団藤重光 渡辺 康行
「公共性の空間を支える柱」としての司法を目指して-滝井繁男 見平典
「寸鉄人を刺す」仕事人-村上朝一 片桐直人
「憲法学からみた最高裁判所裁判官」の意義と今後の展望 千葉勝美
「理想」の追求とその行方-入江俊郎 嘉多山宗
「適正な紛争解決」の探求-藤田宙靖 渡辺 康行
不撓の自然法論者-田中耕太郎 尾形 健
事実をみつめて-千葉勝美 上田健介
体制維持のための憲法判断方法論構築-香城敏麿 木下 智史
初の女性最高裁判事-高橋久子 齊藤愛
司法制度改革へのアンビヴァレンス-竹﨑博允 赤坂幸一
周辺においやられた者の声に耳を傾けた長官-島田仁郎 巻美矢紀
実務と理論の架橋をめざして-園部逸夫 上田健介
憲法解釈の専門家としての矜持-高辻正巳 巻美矢紀
憲法訴訟論の先駆者-時國康夫 木下 智史
戦後憲法価値の実現-田中二郎 川岸令和
最若年の最高裁オリジナル・メンバー-河村又介 赤坂幸一
最高裁に舞い降りた「国際民主主義」者-横田喜三郎 山元一
求道者-中村治朗 笹田栄司
法のエートスの探求者-真野毅 尾形 健
法の支配のロジスティクス-矢口洪一 片桐直人
法曹一元的理念の体現-大野正男 川岸令和
激流に立つ巌-石田和外 早瀬勝明
理論派の硬骨漢-谷口正孝 田代亜紀
裁判官と学者の間-伊藤正己 齊藤愛
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想