歴史の地震計

田中純 著

過去からの記憶の波動を記録した装置=地震計である「ムネモシュネ・アトラス」。特異な美術史家ヴァールブルクが作り続けたそのイメージの地図帖(アトラス)に宿るアクチュアルな歴史を解放し、ありえなかったはずの過去に触れるイメージ研究、座右の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヴァールブルクの天球へ(ad sphaeram warburgianam)-『ムネモシュネ・アトラス』の多層的分析
  • 2 『ムネモシュネ・アトラス』序論・解説
  • 3 『ムネモシュネ・アトラス』展二〇一二
  • 4 『ムネモシュネ・アトラス』パネル分析
  • 5 ニンフとアトラスをめぐる『ムネモシュネ・アトラス』拡張の試み
  • 6 ジョルジュ・ディディ=ユベルマンのヴァールブルク論を読む
  • エピローグ 『ムネモシュネ・アトラス』と歴史経験-地震計としての身体
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の地震計
著作者等 田中 純
書名ヨミ レキシ ノ ジシンケイ : アビ ヴァールブルク ムネモシュネ アトラスロン
書名別名 A Seismograph of History

A Seismograph of History : アビ・ヴァールブルク『ムネモシュネ・アトラス』論

Rekishi no jishinkei
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2017.7
ページ数 315,43p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-010132-5
NCID BB24315197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22940828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想