司馬遷と『史記』の成立

大島利一 著

司馬遷の生きた西暦前二世紀の後半期は、中国民族の最初の大発展期であった。英邁な専制君主武帝の積極政策の下に、東は朝鮮から西は中央アジアに及ぶ世界帝国が建設された。しかしたび重なる征服戦争は、やがて国家経済を破壊し、民衆の生活を極度に圧迫した。この国家の栄光と民衆の苦難との矛盾は、そのまま『史記』のなかに、その雄大な構成と苛烈なリアリズム精神となって現われている。本書は、司馬遷の生涯と『史記』の精神を描くことによって、歴史とは何か、人はいかに生きるべきかという問題を考えてみようとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ひとつの青春(龍門の人
  • 勉学時代)
  • 2 天下漫遊(古跡を訪ねて
  • 古代文化の源流
  • つわものどもが夢のあと)
  • 3 権力の世界(官僚への道
  • 武帝の積極政策
  • 官僚政治
  • 随行と出使)
  • 4 歴史家の誕生(父の遺言
  • 『史記』の執筆
  • 李陵の禍)
  • 5 憤りを発して(中書令となる
  • 漢民族の通史
  • 晩年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 司馬遷と『史記』の成立
著作者等 大島 利一
書名ヨミ シバ セン ト シキ ノ セイリツ
シリーズ名 新・人と歴史拡大版 19
出版元 清水書院
刊行年月 2017.8
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-389-44119-7
NCID BB24341696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22937884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想