コミンテルンの謀略と日本の敗戦

江崎道朗 著

戦前の日本もスパイ天国だった…。ロシア革命が成功したあと、レーニンは世界革命を遂行すべく、「コミンテルン(共産主義インターナショナル)」をつくる。それは恐るべき思想と悪魔的な手法に裏打ちされた組織であった。そして大日本帝国は、やすやすとその謀略に乗せられ、第二次大戦に追い込まれていく。なぜ、そうなってしまったのか?実は、その背後には、日本の「自滅的」な大失敗があった。リヒャルト・ゾルゲ、尾崎秀実らの暗躍から、軍や政府内部の闇、左翼全体主義・右翼全体主義と闘った保守自由主義者の実像まで、隠された歴史の真実に迫る刮目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロシア革命とコミンテルンの謀略-戦前の日本もスパイ天国だった
  • 第2章 「二つに断裂した日本」と無用な敵を作り出した言論弾圧
  • 第3章 日本の軍部に対するコミンテルンの浸透工作
  • 第4章 昭和の「国家革新」運動を背後から操ったコミンテルン
  • 第5章 「保守自由主義」vs「右翼全体主義」「左翼全体主義」
  • 第6章 尾崎・ゾルゲの対日工作と、政府への浸透

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミンテルンの謀略と日本の敗戦
著作者等 江崎 道朗
書名ヨミ コミンテルン ノ ボウリャク ト ニホン ノ ハイセン
書名別名 Kominterun no boryaku to nihon no haisen
シリーズ名 PHP新書 1108
出版元 PHP研究所
刊行年月 2017.8
ページ数 414p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83654-6
NCID BB24223146
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22944405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想