美しきイタリア22の物語

池上英洋 著

イタリアの歴史上の人物たちは、どのように考え、暮らしていたのだろうか。城や宮殿は、そこに住んだ王家や貴族の歩みをどのように伝えてくれているのだろうか。イタリアが世界に誇る芸術の数々は、どのように生み出されてきたのだろうか。そして市井に暮らす普通の人々は、どのように人生を生きてきたのだろうか。歴史エピソードから探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人々の物語(小さな島のナポレオン-エルバ島
  • ある博物学者の死-ポンペイ ほか)
  • 第2章 城と宮殿の物語(その理由を、誰も知らない-カステル・デル・モンテ
  • イタリアのヴェルサイユ-カゼルタ ほか)
  • 第3章 芸術の物語(最後の晩餐-ミラノ
  • 修道士の禁じられた恋-スポレート ほか)
  • 第4章 街の歴史の物語(大学の街-ボローニャ
  • とんがり屋根の家-アルベロベッロ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美しきイタリア22の物語
著作者等 池上 英洋
書名ヨミ ウツクシキ イタリア ニジュウニ ノ モノガタリ
書名別名 Utsukushiki itaria nijuni no monogatari
シリーズ名 光文社新書 897
出版元 光文社
刊行年月 2017.8
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-04303-2
NCID BB2424108X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22941989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想