自死は、向き合える

杉山春 著

日本が"自殺大国"と言われるようになって久しい。その一方で、自死遺族の「その後」はタブー視され続けてきた。自死はなぜ、日本社会においてここまで隠され、遠ざけられるのか。あらゆる取材によって、その社会的背景が見えてきた。国内に加え、国際的動向も取り入れた渾身のルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高額補償が追い込む遺族たち
  • 第2章 自死遺族が「人」としていられる場所
  • 第3章 自死を科学する国になれるか
  • 第4章 耳を傾け、「生きる」を選ばせる社会へ
  • あとがき-オーストラリア国際シンポジウムを振り返って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自死は、向き合える
著作者等 杉山 春
書名ヨミ ジシ ワ ムキアエル : イゾク オ ササエル シャカイ デ フセグ
書名別名 遺族を支える、社会で防ぐ

Jishi wa mukiaeru
シリーズ名 岩波ブックレット No.970
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.8
ページ数 70p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270970-3
NCID BB24193227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22947132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想