なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか

ロバート・キーガン, リサ・ラスコウ・レイヒー 著 ; 中土井僚 監訳 ; 池村千秋 訳

ほとんどのビジネスパーソンが「自分の弱さを隠す仕事」に多大な労力を費やしている-。ハーバードの発達心理学と教育学の権威が見出した、激しい変化に適応し、成長し続ける組織の原則とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか
  • 第1章 ようこそ、「発達指向型組織」へ
  • 第2章 「発達」するとはどういうことか?
  • 第3章 コンセプトの概観-エッジ、ホーム、グルーヴ
  • 第4章 グルーヴ-組織文化を築くための慣行と訓練
  • 第5章 営利企業を運営できるのか?-狭い意味でのビジネス上の価値
  • 第6章 最大の死角をあぶり出す-DDOで体験すること
  • 第7章 「ホーム」をつくる-DDOへの道を歩みはじめる
  • エピローグ 職場での人の「あり方」を変える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか
著作者等 Kegan, Robert
Lahey, Lisa Laskow
中土井 僚
池村 千秋
レイヒー リサ・ラスコウ
キーガン ロバート
書名ヨミ ナゼ ヨワサ オ ミセアエル ソシキ ガ ツヨイ ノカ : スベテ ノ ヒト ガ ジコ ヘンカク ニ トリクム ハッタツ シコウガタ ソシキ オ ツクル
書名別名 An Everyone Culture

すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる

Naze yowasa o miseaeru soshiki ga tsuyoi noka
出版元 英治
刊行年月 2017.8
ページ数 397p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86276-220-7
NCID BB24210847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22940830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想