幻想版画

ヴァレリー・シュール = エルメル 著 ; 千足伸行 監修 ; ダコスタ吉村花子 訳

文学からインスピレーションを得て生まれ、ロマン主義、新ロマン主義、象徴主義とともに成長してきた、「幻想的」で「不気味」、「悪魔的」で「悪夢」のような幻想版画。本書は、フランシスコ・デ・ゴヤにはじまり、ウジェーヌ・ドラクロワ、J.‐J.・グランヴィル、ギュスターヴ・ドレ、ロドルフ・ブレダン、シャルル・メリヨン、オディロン・ルドンにいたるまで、フランス国立図書館所蔵の貴重な名作版画を収録。幻視者たちが目の当たりにした、黒と白の美しき闇黒の世界へといざないます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幻想版画あるいは19世紀ロマン主義の黒い糸(幻想とロマン主義
  • 版画 幻想のテーマとモチーフの伝達者
  • 白と黒の版画、精神の媒介者)
  • 文学的源泉と大衆的幻想の間で-1830年のロマン主義世代(ドラクロワ、シェークスピア、そしてゲーテ
  • ヴィクトル・ユゴーのもとで、ルイ・ブーランジェとセレスタン・ナントゥイユ
  • 幻想挿絵本 トニー・ジョアノとJ.‐J.・グランヴィル
  • 大衆版画におけるファンタスマゴリーと悪魔画)
  • レアリスムを襲う幻想-1860年代の新ロマン主義(レアリスムの申し子を誘惑する幻想 ブラックモンとルグロ
  • 鏡のごとき銅版画 版画家たちの幻影と妄想
  • 現実界の地平に位置する不合理 ロドルフ・ブレダンの憑りつかれた風景
  • ギュスターヴ・ドレのクレヨン技法 「ロマン主義最後の魔法の杖」)
  • 象徴主義の萌芽と死の幻-世紀末の版画家たち(「夢の中で」 オディロン・ルドンの黒
  • 死の舞踏 死神の回帰
  • 変幻自在の悪魔たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻想版画
著作者等 Da Costa Yoshimura, Hanako
Musée du Petit Palais
Sueur-Hermel, Valérie
千足 伸行
富田 章
Sueur‐Hermel Val'erie
ダコスタ吉村 花子
シュール=エルメル ヴァレリー
書名ヨミ ゲンソウ ハンガ : ゴヤ カラ ルドン マデ ノ キカイ コレクション
書名別名 Fantastique!

ゴヤからルドンまでの奇怪コレクション

Genso hanga
出版元 グラフィック社
刊行年月 2017.8
ページ数 191p
大きさ 25cm
ISBN 978-4-7661-3018-8
NCID BB24521938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22951350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想