ブラックホールをのぞいてみたら

大須賀健 著

猛烈な勢いであらゆるものを吸い込みつづけるブラックホール。一度のみ込まれたら、抜け出すことは決してできないというSFのような天体はアインシュタインによって予言され、2015年、重力波の検出で存在が証明されました。でも、そもそも、なんで、どうやって吸い込んでいるの?吸い込むものがなくなったときの宇宙の姿は?やさしい文章とたくさんのイラストで不思議な天体の魅力とメカニズムを紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブラックホールってなんだろう
  • 第2章 アインシュタインは何をしたの?
  • 第3章 ブラックホールは本当にあるの?
  • 第4章 光り輝くブラックホール?
  • 第5章 大質量ブラックホールはどうやってできたの?
  • 第6章 宇宙の未来はブラックホールだらけ?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブラックホールをのぞいてみたら
著作者等 大須賀 健
書名ヨミ ブラック ホール オ ノゾイテ ミタラ
書名別名 Burakku horu o nozoite mitara
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2017.7
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-106184-8
NCID BB24419793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22938393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想