異貌のパリ1919-1939

澤田直 編

狂乱の20年代から暗雲が漂う30年代にかけて、サブ・カルチャーがパリに雪崩れ込んだ…写真、映画、黒人芸術、ジャズ、ダンスといったそれらはハイ・カルチャーとどのように邂逅し、またすれ違ったのか。思想と芸術の豊穣なる交雑とその可能性を探る。祝祭空間としてのパリ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 イメージをめぐって(シュルレアリスムと写真-アンチモダンの前衛?
  • 「森のなかでのように、夢のなかでのように」-シュルレアリスムと匿名的閉鎖空間
  • シュルレアリスム本-詩人と画家は対話する
  • マルセル・デュシャン/ローズ・セラヴィの3D映画
  • 書物への写真、書物から写真へ-ロジェ・パリーを例として)
  • 第2部 シュルレアリスムとその外部(一九三一年パリ国際植民地博覧会と両大戦間フランスにおける異国趣味空間の演出
  • 「植民地博覧会に行くな」-一九三〇年代から四〇年代のシュルレアリスムと植民地表象
  • "オブジェ"の挑発-シュルレアリスム/プリミティヴィスム/大衆文化が交錯する場
  • シュルレアリスムと日本の"前衛"-瀧口修造を中心に)
  • 第3部 黒いパリ(カール・アインシュタインによる"アフリカ美術研究のための方法"の探求
  • ジョセフィン・ベイカーと「ニグロ・レヴュー」
  • ジャズ-「驚きのサウンド」と誤解
  • パリ、ハーレム・ルネサンスの飛び地)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異貌のパリ1919-1939
著作者等 Adamowicz, Elza
Blanchard, Pascal
Ferrier, Michaël
Poivert, Michel
Séité, Yannick
千葉 文夫
星埜 守之
昼間 賢
柳沢 史明
永井 敦子
沢田 直
河本 真理
荒 このみ
鈴木 雅雄
澤田 直
書名ヨミ イボウ ノ パリ センキュウヒャクジュウキュウ センキュウヒャクサンジュウキュウ : シュルレアリスム コクジン ゲイジュツ タイシュウ ブンカ
書名別名 シュルレアリスム、黒人芸術、大衆文化

Ibo no pari senkyuhyakujukyu senkyuhyakusanjukyu
出版元 水声社
刊行年月 2017.7
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8010-0277-7
NCID BB24313599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22937234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想