忍者はすごかった

山田雄司 著

黒装束で素早く動き、手裏剣で敵を撃退する…忍者に対するそんなイメージは、すべてフィクションだった!「忍者」という呼び名自体が昭和三十年代に小説などを通じて定着したもので、歴史的には「忍び」と呼ばれた。最も大事な使命は、敵方の情報を主君に伝えるため必ず生きて帰ること。敵城に忍び込んで情報を得ることはもちろん、日中は僧侶や旅人に化けて話を聞き出していた。「酒、淫乱、博打で敵を利用せよ」「人の心の縛り方」など忍術書の八十一の教えから、忍者の本当の姿を克明に浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 忍びの情報学
  • 第2章 忍びのコミュニケーション
  • 第3章 忍びと禁欲
  • 第4章 忍びの使命
  • 第5章 忍びの洞察力
  • 第6章 忍びの精神
  • 第7章 忍びとは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忍者はすごかった
著作者等 山田 雄司
書名ヨミ ニンジャ ワ スゴカッタ : ニンジュツショ ハチジュウイチ ノ ナゾ オ トク
書名別名 忍術書81の謎を解く

Ninja wa sugokatta
シリーズ名 幻冬舎新書 や-15-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2017.7
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98464-6
NCID BB24191800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22936146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想