死ぬほど読書

丹羽宇一郎 著

もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。伊藤忠商事前会長、元中国大使でビジネス界きっての読書家が、本の選び方、読み方、活かし方、楽しみ方を縦横無尽に語り尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本に代わるものはない
  • 第2章 どんな本を読めばいいのか
  • 第3章 頭を使う読書の効用
  • 第4章 本を読まない日はない
  • 第5章 読書の真価は生き方に表れる
  • 第6章 本の底力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死ぬほど読書
著作者等 丹羽 宇一郎
書名ヨミ シヌホド ドクショ
シリーズ名 幻冬舎新書 に-5-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2017.7
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98462-2
NCID BB2417039X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22936144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想