日本思想の古層

梅原猛, 川勝平太 著

日本文化の古層から汲みだした"美・平等・平和"の思想を今、いかに発信するか。仏像に体現された美と宗教の不即不離、鎌倉仏教における激越な「男女平等」、そして、縄文以来の精神性に深く根ざす「草木国土悉皆成仏」の思想-哲学界の最長老と、「海洋史観」の提唱者が、徹底討論!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の古層の「文化力」とは何か(富士山と梅原哲学
  • 西田哲学から仏教の深部へ
  • 「美の哲学」の発見 ほか)
  • 2 日本文化に根ざした「平和」の発信(中曽根元首相と国際日本文化研究センター
  • 「政治は文化に奉仕する」という中曽根名言
  • 日本は世界に何を発信し得るか ほか)
  • 3 「人類哲学」讃歌-山川草木国土悉皆芸術(仏教という視座からの西洋哲学批判
  • 「草木国土悉皆成仏」という核心
  • ユーラシアの思想の東西への伝播)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本思想の古層
著作者等 川勝 平太
梅原 猛
書名ヨミ ニホン シソウ ノ コソウ
出版元 藤原書店
刊行年月 2017.8
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86578-132-8
NCID BB24274500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22938760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想