戦う姫、働く少女

河野真太郎 著

ジブリの少女やディズニープリンセスは何と戦い、どう働いたのか。現代のポップカルチャーと現代社会を縦横無尽、クリアに論じる新しい文芸批評!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『アナと雪の女王』におけるポストフェミニズムと労働
  • 第2章 無縁な者たちの共同体-『おおかみこどもの雨と雪』と貧困の隠蔽
  • 第3章 『千と千尋の神隠し』は第三波フェミニズムの夢を見たか?-アイデンティティの労働からケア労働へ
  • 第4章 母のいないシャカイのユートピア-『新世紀エヴァンゲリオン』から『インターステラー』へ
  • 第5章 『かぐや姫の物語』、第二の自然、「生きねば」の新自由主義
  • 終章 ポスト新自由主義へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦う姫、働く少女
著作者等 河野 真太郎
書名ヨミ タタカウ ヒメ 、 ハタラク ショウジョ
書名別名 Tatakau hime 、 hataraku shojo
シリーズ名 Posse叢書 vol. 3
出版元 堀之内
刊行年月 2017.7
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-906708-98-7
NCID BB24152365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22939419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想