一念三千とは何か

菅野博史 著

天台智〓(ぎ)が説き明かした究極の大法・一念三千。その典拠である『摩訶止観』の該当箇所を現代語訳し、訳注と解説を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 解説(『摩訶止観』と一念三千説
  • 『法華経』方便品の諸法実相の原義
  • 日蓮における一念三千説の受容と展開)
  • 『摩訶止観』研究のための参考文献-原典・注釈・索引・翻訳・思想研究
  • 第2部 『摩訶止観』(正修止観章)現代語訳(止観を修行する人
  • 止観を修行できない人
  • 十種の対象界
  • 対象界の十種の生じ方(第一の次第・不次第
  • その他の九種の場合) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一念三千とは何か
著作者等 菅野 博史
書名ヨミ イチネン サンゼン トワ ナニカ : マカ シカン ショウシュウ シカンショウ
書名別名 『摩訶止観』正修止観章

Ichinen sanzen towa nanika
シリーズ名 摩訶止観 8
第三文明選書 8
出版元 第三文明社
刊行年月 2017.7
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-476-18008-4
NCID BB25994174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22930161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想